読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fly Away

私的TOKIOの備忘録

長瀬智也のソロ作品(not 映画)

長瀬くんが映画主演するそうですが、

この記事によって忘れていたことを思い出しました。

 

長瀬智也「とても光栄」池井戸作品で映画主演新境地 - 映画 : 日刊スポーツ

TOKIO長瀬智也(38)が、新作映画「空飛ぶタイヤ」(本木克英監督、来年公開)に主演することが5日、分かった。「半沢直樹」「下町ロケット」などで知られる作家池井戸潤氏(53)が、06年に発表した同名小説の映画化。事故や不祥事を隠蔽(いんぺい)しようとする大手自動車メーカーに立ち向かう運送会社社長の苦闘を描く。原作小説は実際に起きた事件をもとにしており、長瀬にとって、骨太の社会派エンターテインメント映画は初挑戦となる。新境地挑戦となるが、「役の年齢と近いこともあり、共感できる部分が、たくさんありました。社会へ勇敢に立ち向かう役をいただき、とても光栄に思います」と話している。

 主婦が死亡した脱輪事故を起こしたトラックを所有する運送会社の社長は、整備不良を疑われ、世間やマスコミからバッシングに遭う。製造元の大手自動車メーカーに再調査を要求するが、遅々として進まず自分の足で調査を始める。会社や家族を守るために大企業に立ち向かい、真実を明らかにしていく。理不尽な状況にもめげることなく、正義を貫く主人公の姿が多くの読者の共感を呼び、直木賞候補作にもなった。09年にWOWOWが連続ドラマ化もしている。

 長瀬は多くのドラマや映画で、キャラクター性の強い役柄を演じてきた。作品はコミカルであったり、シリアスであったりしたが、今回ほど社会性の強い作品は初挑戦。窮地に追い込まれ、無力感や孤独感も背負いながら、闘い続ける。製作側は、長瀬の起用について「仕事に対する情熱と、人を大切にする温かさ、全体を見渡すことのできる冷静さなど、キャラクターの全てが、自然と主人公の赤松に重なりました」としている。これに対して長瀬は「僕はいつも通り、本気でやるだけです」と話している。

 多くの池井戸作品が映像化されているが、映画化は初めて。今月中旬にクランクインする。  

f:id:knp_htn:20170306221310j:plain

 日刊スポーツの記事より

 

95年の「最高の片想い」で俳優・長瀬智也の存在を知って以降、

全作品を見ているって訳でもないんですが、

03年の「ムコ殿2003」がここにないことに気づきました。

 

パート1の方が好評だったので(今をときめく神木くんも出てる)

まあそんな扱いになっても仕方ないとは思うのですが、

長瀬くんのビジュアルのカッコよさとヒロイン役の女優さんの可愛さが

個人的にはパート2のが上回っていて好きだったんですよ。

 

長瀬くんがデビュー前からファンだったと言っていた

ヒロイン役の女優さん…事件の時は悲しかったですね。

 

で、ムコ殿といえばつんくさんプロデュースで

長瀬くんのソロシングルが必ず出ていた訳ですが、

ひとりぼっちのハブラシ」はアルバム(5 AHEAD)にも

収録されているし、ライブ(TOKIO LIVE TOUR 2002

5 AHEAD in 日本武道館 [DVD])でも歌っていたのですが

 

お前やないと あかんねん」の存在感のなさ!!!

f:id:knp_htn:20170306234452j:plain

 

 

今日この日まですっかり忘れてました。ごめん、我ながら驚き。

 

もしかしてライブで歌ったりしてたのかなあ…記憶にないし

DVD化されていない頃だから確認のしようもないなー

当時のことをご存知の方是非教えてください。

 

まあそんなこと言ったら「Eternal Flame」だって

同じくなかったことになってますけど、こっちはカバーだし

本家を普段から結構聴いてるので忘れたことはなかったんですけどね…

 

 

しかし長瀬くんはソロ活動をする度に、TOKIOだと売れないから

もっと一人でやれと周囲から言われていたという、本当か嘘か

わからない話があって(まあ想像に難くない話だと思うのですが)

 

もう三度もソロ活動してるけど、それでも一切メンバーの仲が

不穏になる様子が見られないのはさすがTOKIOの安定感ですよね。

 

一番年下でヴォーカルっていうポジションもあるけど、

ぐうの音も出ないルックスと嫌味のない性格じゃあねえ…

本当に長瀬智也最強過ぎ。。